支援に関する研修会 詳細

2015/05/05
【埼玉支部】第16回ぴえろの遊び広場IN南台 報告
第16回   ぴえろのあそびひろば IN 南台 活動報告
              埼玉支部:須藤幸恵

2015年4月12日(日)  午前9:00~午後3:30 (開催時間10:30~3:00)、いわき南台双葉町仮設住宅 第3集会所にて行いました。子ども達の参加は、4歳から高校1年生までの 17名でした。
スタッフは埼玉支部 4名、茨城支部 2名、学生ボラ 1名、南台仮設の方1名の合計8名でした。
主な活動は、午前中:室内ではビーズでのピエロ作り、卓球、座位布団の家作りなど、 公園では、ティボール、鬼ごっこ、シャボン玉遊び、昼食作りは「ちらし寿司」、午後は集会所前でシャボン玉、ティボールで遊びました。

活動の様子:
午前中の遊び:一番早いスタッフが9時に到着すると、すでに4名の子どもがタンポポのお店を開きながら、入り口で待っていた。子ども達はゲーム、卓球などで遊びだしましたが、スタッフの車が到着する度に、遊びを中断して荷物降ろしを、自分達から手伝ってくれました。新しく購入した「ティボール」を組み立て、集会所前で遊び始めました。「始まりの会」後、公園に出発。早速、「ティボール」で攻撃陣・守備陣に分かれて、野球遊び。ボールが台の上に乗っているので、打ちやすくバッターは大満足ですが。しかし守備側は、広い公園を守らなければならず、ヘトヘト状態。しかも雨上りの公園は、ぬかるむため、靴やズボンはドロドロになってしまいました。野球以外には、ボールタッチ鬼ごっこやアスレチックなどで遊びました。室内では、座布団や長机で隠れ家を作ったり、ビーズで「ピエロ」を作ったりしました。大人が少なかったのですが、子どもたち同士で誘いあって遊んでいました。
昼食:「ちらし寿司」を「焼き担当」「切る担当」「袋開け担当」に分かれて行いました。
午後の遊び:集会所前でシャボン玉遊びや、カエルやカナヘビを捕まえる遊び、室内で卓球やカナヘビ家?をカプラで作るなど、子ども達で遊びを展開していました。そして最後は、集団遊び「発泡スチロール球合戦」です。今回も男子対女子に分かれて対戦しました。短時間ですが、運動量はすごい!!子ども達も前後に分かれて、ボールを集める等、工夫が見られるようになりました。「終わりの会」で、一人ずつ楽しかったことを聞いていくと、「ティボール」「ピエロのビーズ作り」が多く出されました。

今回の遊びの広場では、
・これまでに見られなかった子ども同士のペアで遊んだり、遊びに参加できにくかった子どもが、自分から「鬼ごっこしたい」と伝えてきたこと。
・育てているジャガイモやニンジンを見て欲しいと伝えてきたこと。
・偏食の多い子どもが、苦手なものを食べようとしたり、調理に関わろうとしていた。
等、変わろうとしている子ども達を感じることができました。

次回は 5月10日(日)です。


×閉じる