支援に関する研修会 詳細

2012/07/27
気仙沼プロジェクト2012について
このプロジェクトは気仙沼市において支援活動を行っている6つの団体の協働によって企画された研修支援活動です。土日を活用して、気仙沼に専門家を派遣し、事例コンサルテーションや研修を実施して、被災地スタッフの支援力アップと、被災地の支援ネットワーキングを構築することをねらいとしています。
 いずれも長く続けていけるように、また、被災地施設のスタッフたちがエンパワメントするために、丁寧に時間をかけてかれらのペースですすめていくものです。また、年月が経過するなかで、活動の内容やありかたを適宜柔軟に修正して、展開していく予定です。
◆期日 2012年4月から2013年3月まで
◆期間 土日の1泊2日(あるいは事例の場合、金曜日の午後あるいは土曜日の午前中に施設を見学してから その場合には金曜日からの二泊三日となる)      
◆研修内容
A:保育系職員対象スキルアップ研修  日曜午前
8月19日「4歳児の発達と保育」 講師:西本絹子
11月18日 「5歳児の発達と保育」 講師:東敦子
2月17日 「他機関との連携」
B:障害児福祉施設、特別支援学校職員対象スキルアップ研修 土曜午後、日曜午前
8月18-19日  「他機関との連携」 ファシリテーター:西本絹子、増本利信
     「特別支援教育コーディネーターの現状と課題」 講師:増本利信
11月17-18日  「他機関との連携」 講師:亀田良一
2月16‐17日  (講師決定済)
C:高齢者福祉施設職員、医療系職員対象スキルアップ研修 土曜午後 日曜午前
8月18-19日   「記憶障害と認知症ケア」 ファシリテーター:成田健一
11月17-18日  (講師決定済:会員外) ファシリテーター:三宅篤子
2月16‐17日   「認知症と高次機能障害」
「介護予防の対応」 講師:坂本佳代子、ファシリテーター:成田健一
お問い合わせはこちら
;


×閉じる