支援に関する研修会 詳細

2011/10/12
日本臨床発達心理士会茨城支部企画 公開講座 
「震災後の心のケア 
―気になる子どもたちに対して専門職は今後何ができるか―」
講師 堀江 まゆみ 先生(白梅学園大学教授)

◆日 時 2011年10月30日(日) 13時15分~16時30分(12時45分受付開始)
◆場 所 水戸市福祉ボランティア会館 ミオスビル 大研修室
<常磐線赤塚駅北口駅前  アクセスは下図参照>
◆受講料   日本臨床発達心理士会会員  無料、一般参加   無料
※メールにて事前申し込みが必要です。  先着80名
◆後 援  茨城県教育委員会

<企画趣旨>
日本臨床発達心理士会茨城支部の公開講座は、臨床発達心理士の地域に根差したネットワークづくりと、会員自らの協力関係の構築の機会として、2004年度に開始された研修会です。
今回は、白梅学園大学子ども学部発達臨床学科教授 堀江まゆみ先生をお招きしました。堀江先生は、震災後、被災地での支援に入られ、現在も継続されています。被災地の支援状況を報告していただき、今後専門職がどういう役割を担っていく必要があるか、また茨城県内の発達が気になる子どもたちにどのような支援が必要であるのかを教えていただく予定です。
また本講座を通じ、今後茨城支部では、茨城県内の実態調査プロジェクトを開始し、県内の臨床発達心理士が具体的に活動していく機会にしたいと思います。
特別支援教育に携わっている先生方をはじめ、知的障害・自閉症・発達が気になる子どもたちへの支援にかかわっていらっしゃる皆様のご参加を心よりお待ちしております。
                   日本臨床発達心理士会茨城支部

◇お知らせ
◎ この公開講座は,日本臨床発達心理士資格更新研修会(1ポイント)を兼ねております。
当日IDカードおよびポイントノートをお持ちください。
◎ 申し込みは,所属・氏名・連絡先・メールアドレスをメールにて,下記までご連絡ください。なお参加人数が多数の場合は,会場の関係で,先着順になりますのでご了承ください。なお,フリーアドレスからの送信は,受信制限しておりますので,それ以外のアドレスからご連絡をお願いいたします。
ファイル
ダウンロード
お問い合わせはこちら
;


×閉じる