支援に関する研修会 詳細

2011/08/25
JDD福島プロジェクト(有償)→終了 福島プロジェクト2012へ
JDDによる被災地支援・福島県の委託事業に関する専門家派遣について(有償)

JDDネット(日本発達障害ネットワーク)からの依頼により以下の事業への協力を行います。なお、福島県相馬市に関しては放射能の影響等を鑑みまして40歳以上の方のご協力を賜りたく存じます。

福島県相馬市における被災した障がい児に対する相談・援助事業

◆事業内容
東日本大震災及び原発事故により被災した障がい児(判断のむずかしい子どもも含む)を対象に以下の①~③の業務を実施しながら、放課後支援活動をおこなう現地の支援者のサポートを行なう。

①避難に関する相談:特別な支援が必要な障がい児の避難先、避難方法についての相談を受ける。
②アセスメントと個別支援計画の作成:専門家がアセスメントを行い、障がい児に必要な支援の計画を作り、避難先や新しい生活の場の支援にスムーズにつなげる。
③子育ての相談:避難生活での障がい児(判断のむずかしい子どもも含む)の子どもたちの子育て
について、家族からの相談を受ける。

◆派遣スケジュール
  2011年8月29日以降、2012年3月31日までの平日。9:00-17:45 45分休憩
(4泊5日が望ましいが、1泊2日、2泊3日でもよい。週末も随時募集。)

◆現地拠点(JDDネット相馬事務所および委託事業 ③療育・放課後支援実施場所)
   住所:福島県相馬市中村字笹川16-1 放課後支援ゆうゆうクラブ 
責任者 菅野友美子 080-2384-2720  現地保育士:菅野友美子 小野田百合子
プログラム責任者:中山清司(自閉症eサービス)
 ◆活動場所
   住所:福島県相馬市中村字笹川16-1 相馬カルチャーセンター内
   *相談支援担当地域:相馬市、新地町、南相馬市の一部を予定
◆現地宿舎 2DK、和室6畳x2室、DK6畳 駐車場付
住所:福島県相馬市原釜字札の沢
   設備:バス、シャワー、給湯、水洗トイレ、エアコン付
   備品:冷蔵庫、テレビ、布団(3組)、洗濯機、電子レンジ、台所用品、近くにコンビニ有。
◆ゆうゆうへのアクセス
  福島駅東口①番乗り場 福島交通バス原町駅前行き 相馬市役所前下車 タクシーで5分
  ゆうゆうにて鍵の引渡し(10時から6時まで)。→到着からの流れ(バス時刻表含)
◆相談支援用の車の配置: レンタカー トヨタヴィッツ(1台)をゆうゆうに配車。
  運転ができない場合も含め、タクシー代はすべて自費。
  タクシー会社TEL0244-36-2323 宿舎まで片道1300円程度
◆報酬:
一日9,300円(食費込み:福島県委託事業として)旅費は実費支給。
 ◆保険:
   有償となるため、JDDネットがAIUの傷害保険(スーパー任意労災)を締約済み。
   行き帰りの事故に関してはボランテイア保険に各自加入し、支部が費用負担。
   全国社会福祉協議会 天災B 720円など
   http://www.fukushihoken.co.jp/pamphlet/volunteer.pdf

◆ 事前研修と説明会:必ず受けてください。→JDDネット関連研修+説明会

【申込み】HP右側の「ボランテイアの申し込み」よりお願いします。 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ゆうゆうについての説明>
「放課後支援ゆうゆう」は福島県相馬市に住む障害児の保護者であり、保育士でもある菅野友美子さんたちが中心となって立ち上げられた支援グループです。震災を機に、近隣の児童デイサービスなどに通えなくなった子どもたちを支援する場として、JDDネットなどの団体が現在バックアップを行っています。2011年7月から2012年3月まで、福島県の委託事業として現地の保育士および児童指導員(菅野さん他)による活動と県外からの専門家のサポートによって運営していきます。

専門家のサポートはJDDネットを通して、4週間1クールとして、8月29日より、臨床発達心理士会、臨床心理士会、言語聴覚士会、作業療法士会などが週交代で協力をしていくことが決まっています。宿泊施設には、同性2名が宿泊できます。

平日の月~金の4泊5日(1泊2日、2泊3日でも、ok)で、現地の発達に問題を持つ子どもたちの相談支援を行いながら、「放課後活動ゆうゆう」の活動をサポートしていきますので、ご協力をぜひよろしくお願いいたします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<現地職員への配慮のおねがい>
派遣スケジュールが非常に複雑です。ご不安もあるかと思いますが、現地までのアクセスなどについてはできるだけご自身で確認していただき、ご相談は現地ではなく、震災本部事務局にお願いします。ゆうゆうの活動時間内(9時から6時)に家と車の鍵の受け渡しができるように計画し、ゆうゆうへの到着時間を決めてください。時間外の受け渡しは現地に負担がかかりますのでできるだけ避けてください。
また、車での運転ができない場合はタクシーを自費でご利用下さい。個別の事情により、時間外の送迎など、現地職員の負担を生じさせないように細心の配慮をお願いいたします。
また、2人(同性)が同時に宿泊したり、交代したりします。活動日が重なる場合は、お互いに連絡をしあって、同乗できるようにお願いします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
募集状況(2011年10月25日現在)
11月28日~12月2日女性1名
1月16日~20日男性1名
1月23日~27日女性1名
3月12日~16日女性1名
URL
http://yuuyuuclub.jugem.jp/
お問い合わせはこちら
;


×閉じる